日常生活をおくる中で急に発症してしまうヘルペス。とても厄介ですよね?そういう時はゾビラックスを使い治療しましょう!

ゾビラックスでヘルペスを抑える!

ヘルペスとはウイルスによって身体の一部に水疱や発疹が出来る感染症です。主な症状として唇や口の周りに不快感を伴う水ぶくれが出来る口唇ヘルペスと、水ぶくれやブツブツなどが性器の周りに出来てただれる性器ヘルペス(いわゆる性病の1つにも該当)が良く知られています。ヘルペスは私達が思っている以上に蔓延しており、本人に自覚症状が無い場合がほとんどという恐ろしい病気です。

そのヘルペスを治療するためには、薬を服用するか患部に直接軟膏を塗る方法しかありません。自然治癒はするにはするのですが、日数が非常にかかりしかもその間はより症状が進むため見た目にもひどくなってしまいますし、かなりの痛みが生じるためおすすめはしません。そのため必ず薬を使って治療を行いましょう。

内服薬ではゾビラックスとバルトレックスというヘルペス治療薬が有名です。どちらもグラクソ・スミスクラインが製造販売しています。ではこの2つ、一体が違うのかというと服用回数や値段などが違います。本当に簡単ではありますがその一部をまとめてみました。

  • ◆ゾビラックス
  • 主成分:アシクロビル(世界初の抗ウイルス薬)
  • 服用回数:1日に5回服用(1回1錠)
  • 薬価:221.80円(200mg1錠あたり)
  • ◆バルトレックス
  • 主成分:バラシクロビル(アシクロビルのプロドラッグ)
  • 服用回数:症状により1~3回服用(1回1錠)
  • 薬価:405.60円(500mg1錠あたり)

上記でほんの少しだけ触れていますがバルトレックスはゾビラックスを改良した薬で、成分の吸収率が高くなったので少ない服用回数で済むのです。とはいえ値段が高く、人によってはあえて選択しないという方もいます。そのため実はゾビラックスの需要はまだまだあるのです。服用回数さえ守ればヘルペスを治療する事が出来る薬なわけで、決して効果が良くないといったことはありません。今回はあえてゾビラックスの良さをお届けしていきます。

ゾビラックスについての情報

ゾビラックスは世界初の抗ウイルス薬として知られています。 開発者はガートルード・エリオン博士。他にもザイロリック(痛風の薬)やアジドチミジン(エイズ治療薬)など計8種の薬を開発し、数々の賞を受賞しています。ゾビラックスが世に出るまで、ウイルスに対抗出来る手段は無いと言われていましたがこの偉大な発明によっていくつもの抗ウイルス薬が誕生したのです。

製造販売元は世界的に有名なグラクソ・スミスクライン社。イギリスに本社を置き、ここ日本でも多くの製品を販売しています。ヘルペスの症状を緩和するゾビラックスとバルトレックスはもちろん、喘息発作の薬アドエアやサルタノールインヘラー、最も有名な抗うつ剤であるパキシルが良く知られているのではないでしょうか?

海外のゾビラックスを購入

それはさておきゾビラックスはジェネリックも展開されており、医療機関へ行けば処方されます。ゾビラックス自体が比較的手に入れやすい部類なのですが、ジェネリックはさらにその値段も安く、費用を抑える方法として有効でしょう。ただ、口唇ヘルペスならまだしも性器ヘルペスを発症した場合、いくら医師や看護師は見慣れているだろうと分かっていても、患部を見せるのはどうにも気が引けるという方がいらっしゃると思います。

そういう場合、今では便利な世の中になったもので「薬を通販サイトから購入」する事が出来るため、医療機関へわざわざ行かなくても良いのです。自宅にいながらゾビラックスを使いヘルペスの治療が可能となっています。しかし普通の通販ではありません。国内では処方箋医薬品を通販で販売することは禁止されているためです。ではどのような方法でゾビラックスを購入するのかというと海外から購入するという形になります。

それが海外医薬品を購入出来る通販サイトです。数年前までマイナーな存在でしたが、今ではインターネットで検索すればすぐに表示されるほど知られてきた方法になりました。海外で販売されているゾビラックスを現地の業者から購入するという形になり、個人輸入として扱われるので処方箋が必要なくなります。海外で販売されている薬を購入する場合であればそれが許可されるのです。

そして先程も説明したように海外の製薬メーカーが販売しているジェネリックも購入する事が出来ます。値段としては珍しいことにこちらの方がやや割高です(国内のジェネリックは保険適用されるため)。しかしその他の費用、例えば診察費や処方料、また医療機関へいくための交通費なども考えた場合、通販で購入した方が安くなるということも多々あります。

もちろんそれは現在住んでいる場所や、ヘルペスの発症に気付きすぐに医療機関へ行きたい、といった状況にもよりますが色々な可能性を考える事が出来るので知っておいて損は無いはず。また通販でゾビラックスを購入すればストックも簡単に出来るため再発しやすい方にはうってつけです。医療機関で処方される場合、融通がきけばいいですが出来ないことも多々あるでしょう。そういった意味で通販は使い方次第でかなりの費用を浮かせることも可能なのです。まだ利用されたことが無い方は一度検討してみてはどうでしょう?

ヘルペス治療薬について

Site Map