日常生活をおくる中で急に発症してしまうヘルペス。とても厄介ですよね?そういう時はゾビラックスを使い治療しましょう!

ゾビラックスで早めのヘルペス治療を

ゾビラックスはヘルペスウイルスにより発症する口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹の治療に使います。混同されがちですが抗生物質ではなく抗ウイルス剤です。余談になりますが、ゾビラックスが開発される前にはすでに抗生物質が使われていました。

そういうわけで細菌による感染症の治療は出来ていたのですが、ウイルスが原因の感染症には依然対抗出来ず、その手段はこの先出来ないのでは?と考えられていたのです。今でこそ信じられない話ですが当時としてはかなり深刻な問題であったと思います。

しかし1974年、グラクソ・スミスクラインの前身であるバローズ・ウェルカム社のガートルード・エリオン博士、ジョージ・ヒッチングス博士により念願の抗ウイルス薬が開発されました。それがゾビラックス(有効成分はアシクロビル)です。これをきっかけに以後、原理が応用にされてウイルスが原因であるインフルエンザやB型肝炎などの治療薬が完成しています。

話を本題に戻しましょう。なぜゾビラックスを使うとヘルペスの症状がおさまるのでしょうか?そして服用回数が他の薬よりも多いのは何故なのでしょう?また、ゾビラックスは副作用があるのか?あるとしたらどの程度の症状が起きてしまうのか?初めて使う場合、気になる点は多いですよね?

また医療機関だけではなく、通販サイトを利用する事でもゾビラックスは購入出来ます。医師からの処方ではなく、通販を利用するメリットとはどのようなものなのか?入手方法についても知っておくと、非常に役立つはずです。ゾビラックスについての様々な情報をこのページではご説明致します。

ゾビラックスの効果

ゾビラックスを使うタイミングはヘルペスを発症した、あるいは前兆(ピリピリとした痛み)を感じた場合です。なるべく早く服用する事でヘルペスウイルスの増殖を抑えられ、症状は比較的軽い状態ですみます。それにより水ぶくれが潰れた際の傷跡も残りにくくなるのです。

ではなぜヘルペスウイルスの増殖を抑えられるのか?これこそがゾビラックスの画期的な作用機序と言っても良いのではないでしょうか?有効成分のアシクロビルはヒトの細胞には毒性を発揮しません。原因となるウイルスのみに毒性を発揮します。

ウイルスは細菌と違い単独で増殖することが出来ず、ヘルペスウイルスの場合はヒトの細胞を使わなければなりません。増殖のためにヒトの細胞に入り込むと(いわゆる感染)、DNAを合成する酵素「チミジンキナーゼ」を生成します。これが繰り返されるでDNAが合成されウイルスは増殖していくのです。

しかしゾビラックスを服用する事で、有効成分のアシクロビルとチミジンキナーゼが反応して「リン酸化」します。そのリン酸化したアシクロビルは増殖のために必要な物質と構造が似ているため、ヘルペスウイルスは間違って取り込んでしまい、その結果増殖出来なくなってしまうのです。

それによりだんだん症状の進行もおさまり、あとは治るのを待つだけの状態となります。そのため出来るだけ早い段階でゾビラックスを使う事が望ましいのです。

ゾビラックスの副作用

ゾビラックスは副作用が少ないですし、重篤な症状へ発展する事は非常に稀です。しかし油断はしないようにして下さい。もし副作用が発現した場合、どのような事が起きるか知っておいた方が対処しやすくなります。よく起きる副作用としては吐き気、下痢などの胃腸症状が多いです。その他は眠気や頭痛が起きることもあるので、車の運転をする場合はよく注意をしましょう。

重篤な副作用の報告もありますが滅多に起きません。ただこちらも念のために注意をしておく必要があります。特に腎臓の機能が弱い方は注意をして下さい。急性腎不全を起こす可能性があります。またどの薬にも言えますがゾビラックスもアナフィラキシーが起こる危険があるようです。その他精神神経症状や間接性肺炎を起こす可能性もあるので、その前に確認出来る初期症状が無いかどうか気を付けて下さい。

また一緒に飲むことで副作用が強く出やすくなる、いわゆる飲み合わせの悪い薬があるので注意をしましょう。タガメット(胃薬)、ベネシッド(痛風の薬)、テオドール(喘息の薬)、セルセプト(免疫抑制薬)が該当します。その機会は無いと思いますが、もし使われている場合は時間を置いてからにしましょう。どのタイミングで使えば良いか分からない場合は医師に相談する事をおすすめします。

ゾビラックスの飲み方

ゾビラックスの飲み方は特徴的です。1日5回服用しなければなりません。大体の薬は1日に1~3回ですからいかにその回数が多いかお分かりだと思います。なぜこの回数なのかというと、ゾビラックスの有効成分アシクロビルは作用時間が短いため。つまりすぐに効果が無くなるので、体内の濃度を保つよう5回服用する必要があるのです。

そのため飲み忘れをする事が多いでしょう。これを防ぐコツとして大体4時間間隔の服用がすすめられています。こればかりは慣れるしかありません。もしくは服用回数の少ないバルトレックスやファムビルに切り替える事も検討してみてはどうでしょうか?ただしこの2つのヘルペス治療薬はゾビラックスと比べ価格が高いです。費用を抑えたいのであればやはりゾビラックスが一番なのです。

ゾビラックスの剤形

あまり知っておく必要は無いかもしれませんが1つの情報としてこちらも説明しておきます。ゾビラックスにはいくつかの剤形があり、症状によって使い分ける事も出来ます。バルトレックスやファムビルには無い特徴と言えるでしょう(ただバルトレックスには顆粒のみ有)。

まず広く知られているのが錠剤。口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹など広く使えます。当サイトでの対象は主に錠剤です。それ以外で一般的なのは軟膏でしょう。医療機関で処方してもらうか、OTC医薬品(いわゆる市販薬)として薬局で購入する事が出来ます。グラクソ・スミスクライン(アクチビア軟膏)、大正製薬(ヘルペシア軟膏)から販売されており、口唇ヘルペスか軽度の性器ヘルペスに塗る事で治療が可能です。

ヘルペス角膜炎になってしまった場合に使う眼軟膏もあり、患部へ塗ることで治癒していきます。基本的には角膜炎の際に使用するため、こちらもあまり処方される事は無いでしょう。最後は顆粒。ほとんどが錠剤を処方されると思いますので、目にする機会はあまりないとは思います。服用方法は同じく1日5回服用しなければなりません。

ジェネリックの場合はゾビラックス自体には無い剤形があり、飲みやすい物が多いです。子供が発症した場合はジェネリックを選択するとよいかもしれません。内服ゼリー、シロップ、ドライシロップがあるのでこちらは好みで選べば良いと思います。どの剤形でも口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹の治療に使えるので用法用量には気を付けて使いましょう。

ゾビラックスの適応症状

冒頭でもお伝えしましたがゾビラックスはヘルペス治療薬になります。症状はいくつかありますがその中でも身近である口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹(及び水ぼうそう)の治療に適しています。いずれも服用する錠数は変わりませんが、用量が違うのでご注意下さい

それではヘルペスウイルスによって起きるそれぞれの感染症について、どのような症状が起きるのかを簡単にご説明していきます。いずれの症状も赤い水ぶくれができ、痛みを伴う事が特徴です。いずれも再発しやすいので、なるべく早く対処する必要があります。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスは身近な感染症の1つで、その病名の通り唇もしくはその周辺に水ぶくれが出来る症状です。始めはピリピリ、チクチクしたような痛みを感じだし1~2日経つと赤い水ぶくれができ、次第に一箇所に集まって、やがてかさぶたとなります。

目立つ部位に出来るためあまりなりたくはないですが、疲れが溜まっていたり風邪などの体調不良で抵抗力が弱まると再発してしまう可能性が高いです。度合いとしては軽度であるため放置してしまう事があるかもしれませんが、患部が広がったりなど重度の症状に発展する可能性もあるので、なるべく発症してから3日間までには薬を飲みましょう。

ゾビラックス、バルトレックス、ファムビルと今では3種類使える薬があるのでお好みのものを選んで治療を行って下さい。

口唇ヘルペスとは

性器ヘルペス

性器ヘルペスはヘルペス感染症の1つであり、性病にもカテゴライズされています。感染経路は性行為、あるいはそれに準ずる行為からがほとんどです。性器を始めとして、太もも、尻などに水ぶくれが出来て痛みを伴います。

性器ヘルペスも再発しやすく、1年以内に再発する可能性が80%あるともいわれているので危険であると言えるでしょう。完治するまでは行為を行わず治療に専念して下さい。口唇ヘルペスと同じようにゾビラックスなどの薬を使い治療を行いましょう。

性器ヘルペスとは

帯状疱疹

帯状疱疹は口唇ヘルペス、性器ヘルペスとは違う種類のヘルペスウイルスが原因です。多くの方が小さい頃に発症した水ぼうそうから派生する可能性があります。発症率はそれほど高くありません。また発症してもほとんどは1回のみです。

ただ、もし発症した場合は単純ヘルペスとは比較にならないほどの痛みが襲ってきます。しばらくは日常生活に支障が出る事があるでしょう。神経に沿って現れるため帯状、そして半身のみに水ぶくれが現れます。

治療法としては薬をなるべく早く飲むことで痛みが後遺症になりにくくなるので、異常を感じた場合はすぐに使って下さい。高齢者が発症する場合が多いのですが、近年は若年層にも増えているそうです。ストレスの溜まりやすい生活が関係しているので、うまく発散出来るよう十分安らげる環境を作りましょう。

ヘルペス治療薬の種類について

ゾビラックス以外にも、バルトレックスファムビルなどヘルペスの治療が可能な抗ウイルス薬があります。俗にヘルペス治療薬とも呼ばれており、ウイルスの増殖がピークを迎える前に使う事で、症状が進行せず軽度なままで治癒が可能です。

しかし残念ながらバルトレックスやファムビルでもヘルペスウイルスを消滅させる事が出来ません。一度感染してしまうと一生付き合わなければならないのです。そのため出来るだけ再発しないように過ごし、もしも発症した場合はこれらのヘルペス治療薬を使いながら対応していきましょう。

ヘルペス治療薬について

それではこれよりそれぞれのヘルペス治療薬について簡単なまとめを。改めてこのページでご紹介をしている世界初の抗ウイルス薬であるゾビラックス。現在、主流になっているゾビラックスよりも効き目が長く使いやすいバルトレックス。そして2008年に発売された新しいヘルペス治療薬のファムビル。

ちなみにいずれも医療機関でのみ処方される「処方箋医薬品」なので、店頭で購入では購入する事が出来ません。そのため特に性器ヘルペスの場合だと診察市に行きにくいですよね?また再発しやすい方にとってもわざわざ時間を作り行くのはちょっと面倒。

そういうときにこそ役に立つ購入方法がございますので、これにつきましては後程またご紹介を致します。まずはゾビラックスの特徴からどうぞ。

  • ◆ゾビラックス
  • 主成分:アシクロビル(世界初の抗ウイルス薬)
  • 服用回数:1日に5回服用(1回1錠)
  • 薬価:221.80円(200mg1錠あたり)
  • 特徴:価格安いが、1日に5回服用しなければならず、飲み忘れの可能性もある
  • ジェネリック:国内・海外の製薬メーカーともに販売
  • ◆バルトレックス
  • 主成分:バラシクロビル(アシクロビルのプロドラッグ)
  • 服用回数:症状により1~3回服用(1回1錠)
  • 薬価:405.60円(500mg1錠あたり)
  • 特徴:成分の吸収率が高くなり、服用回数が少なく使いやすい
  • ジェネリック:国内・海外の製薬メーカーともに販売
  • ◆ファムビル
  • 主成分:ファムシクロビル
  • 服用回数:1日に3回服用(1回1錠)
  • 薬価:489.90円(250mg1錠あたり)
  • 適応症状:帯状疱疹、単純ヘルペス(2013年から)
  • 特徴:一番新しいヘルペス治療薬で、効き目が高い
  • ジェネリック:海外の製薬メーカーのみ販売

ゾビラックスの購入方法について

ヘルペスの治療にゾビラックスを使ってみたい場合、入手する方法は2つあります。1つは医療機関で診断をしてもらい処方してもらう方法。もう1つは自身で個人輸入をし、海外版のゾビラックスを購入する方法です。

どちらの方法で購入した場合も用量(200、400、800mg)は変わりませんが価格が違います。医療機関で処方される場合、保険適用があるため3割負担で手に入れられます。しかし何らかの事情があり保険を使わない(使えない)場合は、個人輸入で購入した方が安価なのです。しかも医療機関よりも多くの数量が購入出来るため再発されやすい方は常備薬として使いやすいと思います。

それぞれメリット、デメリットがありますので個々の判断で購入方法を選びましょう。参考になるよう、簡単な流れをご説明しますので、特に個人輸入を利用される場合はしっかりと覚えて下さい。

医療機関でゾビラックスを処方

医療機関でゾビラックスを処方してもらうメリットは、やはり医師による診察が行われる点でしょう。専門知識を持っているため、感染経路や症状の具合、治療方法、アフターケアなど適切なアドバイスをくれます。どの薬を処方するかは基本的に医師が決めますが、希望があれば変更してくれる事も多いです。

近年ヘルペスの治療に関してはバルトレックスが主流ですが、価格の関係でゾビラックスを希望する場合は遠慮せずに言い出してみましょう。おそらくは対応してくれるはずです。安価なジェネリックも多数ありますので、希望する場合はその時も忘れないようにしましょう。

しかし医療機関のデメリットとしては薬代の他にも診察費や処方料なども加算され、思ったよりも支払う額が多かったという場合があります。近くに医療機関がない場合、交通費なども必要となるのでさらに負担がかかるのです。その場合はもう1つの購入方法を選ぶ事で費用の負担を減らすことが出来るでしょう。

海外のゾビラックスを購入

もう1つの入手方法である「海外版のゾビラックスを個人輸入」する方法ですが、自身で購入から手続きを行うか、個人輸入代行業者を通す方法があります。自身で全てを行う場合規定量を超えない場合特に気を付ける必要は無いですが(処方箋医薬品は1ヶ月分)、もしも超える場合は地方厚生局で手続きを行わなければなりません。

また税関でなにか不備があった場合も自身で手続きを行わなければなりません。その分余計な時間がかかってしまい、到着が遅れてしまうでしょう。その手間を回避出来るのが個人輸入代行業者が運営している通販サイトの利用です。自身は注文するだけなので、手続きなど何も気にせずにゾビラックスを購入出来ます。

ゾビラックスは通販でお得に

今は便利な世の中になったもので、スマートフォンやPCなどを利用する事でショッピングサイトと同じように薬の通販が利用出来ます。医療機関へ出向かなくても、自宅にいながらゾビラックスを使いヘルペスの治療が可能なのです。これは自身で個人輸入を行う場合にも言えますが医療機関へ行く手間がかからず、簡単に常備薬を確保出来るのが大きなメリットになるでしょう。

さらに通販(個人輸入)のメリットは処方箋が無くても商品(処方箋医薬品)を購入出来る点。国内にも薬が購入出来る通販はありますが、処方箋医薬品の取扱は認められていません。そのため海外医薬品の通販を利用しなければゾビラックスを始め、ヘルペスの治療薬は購入出来ません。

しかも海外の薬は物価の差により国内で処方される場合よりも安価な場合が多く、もちろんゾビラックスも例に漏れません。もちろん保険適用はされませんが、急に必要になった場合、常備薬として希望する場合など、購入のタイミングはかなりあると思います。

特に常備薬として医療機関で処方してもらおうとすると保険は適用されません。症状が確認されなければ保険は使えないのです。そのため通販を利用する価値は大いにあると思います。さらに日本では流通していない海外の製薬メーカーから販売されるジェネリックも購入でき、海外版ゾビラックスよりもさらに安価なので、もっと節約を図りたい方はこちらを選ばれると良いでしょう。もちろん効果は同等であり、品質は高いので安心して使って下さい。

ただ通販もメリットばかりではなくデメリットがあるのでしっかりと把握しておきましょう。まず1つが薬の到着に時間がかかる事。発送は海外から直接行われるのでどうしてもタイムラグが発生してしまうのです。国内であれば最速で当日便があります。しかし海外からの発送であれば距離的な問題があるのはお分かりですよね。税関も忘れてはなりません。チェックに時間がかかる事が時間があります。

もう1つのデメリットとしては個人の判断になってしまう事。医療機関で処方してもらう場合、医師の責任の元で薬が処方されるので何か不都合が起きたときに補償が受けられます。しかし通販で薬を購入した場合は自己責任となり、何かが起きた場合の補償が受けられなくなることがあるのです。

そのため薬が本当に必要なのか?効果、副作用、使い方を最低限知っているか?についてもう一度考えておきましょう。ヘルペス治療薬は飲み合わせの悪い薬があるのでその点についても把握する必要があります。通販サイトはあくまでも薬の購入を仲介しているにすぎません。注意事項は商品詳細に記載されているものの、最終的な責任は自身にあるので何か起きても通販サイトは取り合ってくれません。その点は理解をしておきましょう。

このようなデメリットもありますが、利用に関してはメリットの方が大きいと思います。通販サイトは近年、非常に多くなりました。優良サイトであるかは口コミ数、サポート面、使いやすいか(日本語表記が変ではないか?)などの事に注目しながら選んでみて下さい。

ゾビラックスの海外製ジェネリック

ゾビラックスのジェネリックは国内の製薬メーカーだけではなく、海外の製薬メーカーからも販売されており通販で購入出来ます。その中で多く取扱われている製品がアシビルではないでしょうか?インドの製薬メーカー、シプラ社から販売されています。インドはジェネリックの開発・販売が盛んで、多くの国に輸出をしています。特にアフリカ諸国では多くのインド製ジェネリックが使われ非常に需要が高いようです。

それはともかくとして、アシビルはとても安い値段で販売されており海外版ゾビラックスのおよそ半額で購入する事が出来ます。ただ意外なことに国内製のジェネリックよりも少しだけ価格は高いです。しかしアシビルは50~100錠単位で販売されています。ヘルペスが再発した際、何度も医療機関へ行く必要が無くなるので、費用や手間など色々な面から見ても差は無いはずです。

また通販の利用は他人に知られないというメリットもありますので、特に性器ヘルペスの治療を行いたい場合にはとても有効だと思います。もし医療機関で診察を行う場合必ずと言っていいほど患部を見られるので、治療の一貫とはいえ恥ずかしいと思われる方も多いでしょう。本来であればその点は感染を拡げないためにも目を瞑る必要がありますが、どうしても耐えられず検査に行く事が出来ないというケースも存在します。

そういう時こそ通販を利用して海外版ゾビラックス、もしくはジェネリックの利用で解決が可能なのです。価格面、費用面だけではなく、治療に行きづらかった方でも自宅で治療が出来るようになりヘルペスの感染リスクを下げる事に繋がります。もちろんその間は性行為を絶対に行ってはなりません。それが大前提の上で通販を利用して下さい。

Site Map

ヘルペス治療薬

ヘルペスの情報

バルトレックス通販