ヘルペス治療薬なら

ヘルペスとはウィルスによって身体の一部に水疱など発疹を引き起こされる感染症です。これにはいくつか種類があるのですが、主なものに唇や口の周りに不快感を伴う水ぶくれが出来る口唇ヘルペスというものと、水ぶくれやブツブツなどが性器の周りにできてただれる性感染症(性病)の性器ヘルペスという二つが知られ、これらは私達が思っている以上に蔓延しており、本人に自覚症状がない場合がほとんどという恐ろしい病気です。

ヘルペスの治療には内服薬や幹部に直接軟膏を塗るしかないのですが、内服薬ではゾビラックスとバルトレックスというヘルペス治療薬が有名なのですが、病院で処方してもらっても1錠当たり500円程度はするなど、やや高価なため、より安価なバルシビルというお薬が好まれる場合も多いようです。

ヘルペス治療薬のゾビラックスとバルトレックスはどのように違うかのかを調べてみました。

■ゾビラックス
症状によってことなりますが、1日で1錠づつ5回の服用が必要でやや安価

■バルシビル
通常1日1錠の服用でよいが、やや高価

効果についてはバルシビルの方がウィルスにより強く効くようなのですが、ゾビラックスは効果が弱いのかというとそういうことではないようですので、そのときの症状や懐事情に合わせて選択すれば良いようです。
とはいえ、医者の場合、黙ってると高価なヘルペス治療薬ばかりをバンバン処方してきそうなので、診察のときにバルシビルを処方されて金銭的に困るようであれば、ゾビラックスを処方してもらえないかを相談してみるのもよいでしょう。

また、一度診察を受けてみてこれらが処方されるようでしたら、以降は海外医薬品の個人輸入代行サービスを行っているインターネットサイトを利用してみるのをお勧めします。こうしたサービスを行っているインターネットサイトなら、性器ヘルペスの場合など看護婦や医者の前でパンツを下ろして無残な股間を見せるといった恥ずかしい思いもせずに医薬品を購入できますし、ゾビラックスであれば1錠辺り100円程度で手に入ります。