1. トップページ
  2. ゾビラックス軟膏でヘルペスを治療

ゾビラックス軟膏で初期症状のヘルペスを治療しましょう。

ゾビラックス軟膏

バルトレックスの飲み方はとても簡単

ヘルペスの治療薬ゾビラックスには経口タイプとは違う軟膏薬があります。国内では1994年から発売されており、処方が必要な医薬品として発売されています。成分に抗ウィルス作用のあるアシクロビルが含有される、抗ウィルス剤の1つです。

塗り薬の為、患部に直接作用させるので効率よく治療することができます。さらに、全身に作用する経口タイプのものと違い、部分的にしか副作用が出にくい特徴があります。

何種類かあるヘルぺスウィルスの中でもゾビラック軟膏は、単純ヘルペスウィルスに効果があり口唇ヘルペスや性器ヘルペスに用いられます。ただし水痘・帯状疱疹ウィルスには効果が無いため、水疱瘡や帯状疱疹には効果がありません。そちらにはゾビラックスやバルトレックスなどの効き目の高い経口タイプをご使用下さい。

ゾビラックス軟膏の効果や副作用、適応する症状や正しい使い方などについて解説していますので、是非ご参考にしてみて下さい。

ゾビラックス軟膏の効果

効果

ゾビラックス軟膏と同じ成分のアシクロビルを配合した、ゾビラックスの効果や作用機序について詳しくこちらで説明していますのでそちらをご覧ください。

ゾビラックス自体はウィルスを根絶やしにする薬ではありません。ウィルスの増殖を抑える働きをする薬です。その為、だいぶ進行してしまった状態ではあまり効果が発揮されません。自覚症状が出始めた初期段階での使用が一番好ましいと言えます。

数日間使用してみてあまり症状に効果が無い場合は、他の治療法を検討するようにしましょう。他の治療法にはゾビラックスやバルトレックスなど経口タイプや、ゾビラックスの点滴薬などがあります。

ゾビラックス軟膏の適応症状

適応症状

皮膚に出来るヘルペスの1つに「単純疱疹」があります。単純ヘルペスウィルスにより発症するものです。単純ヘルペスウィルスはⅠ型とⅡ型の2種類あり、主にⅠ型は口唇ヘルペスⅡ型は性器ヘルペスを引き起こします。

ゾビラックス軟膏の適応症状はこの2つになります。中でも口唇ヘルペスと性器ヘルペスの初期症状に使用されます。症状が進んでしまった場合、ある程度の効き目を求められる為、錠剤タイプのものが使用されます。あまりにも症状がひどい場合は点滴タイプが使用されます。

単純疱疹への効果はありますが、ヘルペスの一種である水疱瘡やや帯状疱疹には効果がないと言われています。原因の水痘・帯状疱疹ウィルスは皮膚上に現れているものと、体内の神経節内に潜んでいるものがあるため、体内のウィルスに対しては経口タイプのものが効果的です。軟膏を使うか錠剤にするかは病院で判断してもらいましょう。

角膜ヘルペスにはゾビラックス眼軟膏

適応症状

単純疱疹で発症するヘルペスがもう一つあります。それが「角膜ヘルペス」です。単純ヘルペスウィルスが目の角膜に及び、ウィルスと体の免疫反応が起こり角膜が炎症し濁りが出る症状です。目の充血、視力の低下や痛みを生じます。
この角膜ヘルペスにもゾビラックス軟膏が使われますが、こちらは眼軟膏というまた別の軟膏薬です。

使用方法は下瞼に眼軟膏を塗り、そのまま目を閉じて薬を眼球になじませます。その際、石鹸等でよく手を洗い清潔な状態で行って下さい。眼軟膏を使用中はコンタクトレンズは使用しないでください。
あくまでも眼軟膏は目専用の薬ですので、普通のゾビラックス軟膏を目に塗らないようにご注意下さい。

ゾビラックス軟膏の副作用

副作用

ゾビラックス軟膏は患部に直接薬を塗るので、効果があるのは部分的になります。錠剤のものは服用すると血中に有効成分を取り込むことで、全身に効果が行きわたります。効きは強くなる分、副作用も強く出るものです。ゾビラックス軟膏の場合、有効成分は体内に吸収されることがほとんどないので、副作用が少ない安全な薬と言えます。

その為、ゾビラックス軟膏の目立った副作用の発現はありません。特に重篤な副作用もないと言われています。
まれにですが皮膚に塗る薬なので、生じる副作用として

  • ・かぶれ
  • ・かゆみ
  • ・赤い発疹(紅斑性発疹)
  • ・刺激感

があります。症状が強く出る場合はすぐに病院に相談するようにして下さい。
以上の症状の他にも、薬のせいと思わしき症状が出る場合もございますので、異変を感じたら薬の使用を止め病院へご相談下さい。

ゾビラックス軟膏の使用方法

使用方法

直接患部に塗り治療します。1日に数回(2~3回)塗るようにしましょう。ゾビラックスの有効成分であるアシクロビルは効果時間が短い為、何度も塗らないといけないようです。1度に使用する量は患部の大きさに合わせ塗ってください。

ゾビラックス軟膏の注意点

注意点

薬を塗る際、患部に水泡がある場合には絶対に潰してはいけません。水泡の中には大量のウィルスが入っているので、他の部分に症状が広がったり、指にウィルスが付着し他人に感染する恐れがあります。十分に注意し軟膏を塗るようにして下さい。

塗る際には軟膏が目に入らないように塗って下さい。危険ですので注意しましょう。入った場合はふき取りすぐに病院で診てもらって下さい。角膜ヘルペスの場合は専用のゾビラックス眼軟膏を使用して下さい。

ゾビラックス軟膏と市販薬

ゾビラックス軟膏は病院での処方以外では購入ができません。さらに使用用量も上限があるため、治療日数分しか処方されず、薬のストックが困難です。
ゾビラックス軟膏ではありませんが、ヘルペス治療薬の市販品は薬局で購入出来ます。
ヘルペスは発症頻度の高い病気なので、こうした市販薬が何種類か流通しています。しかしこちらの市販薬は処方が必要がないという事で、効き目としてはあまり強くはありません。その為、ヘルペスの再発時にのみ使用するのが一般的です。

注意点

再発が多いから市販薬で何とかやり過ごそう、という声もあるかもしれません。しかし気を付けなければならない点もあります。再発のヘルペスと他の症状(にきびや皮膚病)が見分けがつき辛い事があります。違う症状に対してヘルペス治療薬を使う事により、症状の悪化や余計な副作用が出る場合があります。何度か使用した事があり、効果が望めた場合は良いかも知れませんが、自らの判断で間違った薬を使わないように注意しましょう。

海外の通販を利用すれば効果の高い医薬品を購入する事が出来ます。シプラ社製の「アシビルクリーム」はゾビラックスのジェネリック薬です。処方の薬は高価ですが、ジェネリックは価格も非常に安価で同等の効果も期待できるので非常にお得です。市販薬であまり効果がないと思った方は、是非こちらも試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ

ゾビラックス軟膏は経口タイプのものとは違い、患部にのみ作用するため余計な副作用のないマイルドな効き目の薬です。症状としては口唇ヘルペスや性器ヘルペスに使われます。ゾビラックス軟膏はヘルペスウィルスを死滅させるのではなく、ウィルスの増殖を抑える効果の為、病状が比較的軽い初期段階での使用がよいとされています。

現在ではヘルペスの再発が起こらないように、あらかじめ低用量の経口タイプの薬を飲み続けるという予防法もあるようです。
経口タイプのものではゾビラックスの他にバルトレックスやファムビル、その他安価なジェネリック薬もあります。ヘルペスの再発はとても面倒で厄介なもの。その都度しっかりと治療を行わないと症状がひどくなる原因になります。

生活習慣や食事に注意するのも大事ですが、再発防止方法の1つに薬を使うのも非常に効果的ですので、お困りの方は是非試してみてはいかがでしょうか。

Site Map

ヘルペス治療薬

ヘルペスの情報

バルトレックス通販