1. トップページ
  2. ヘルペス治療薬の種類

ヘルペス治療薬はゾビラックス、バルトレックス、そのジェネリックなど沢山の種類があり、好みによって使い分ける事が可能です。

ヘルペス治療薬の種類

ヘルペス治療薬の種類

ヘルペスとは細菌よりも小さいウイルスによる感染症です。どのような症状が起きるのかと言うと、水ぶくれが集まり、特徴的な痛みが走ります。唇やその周辺に出来る口唇ヘルペス、性器やその周辺に出来る性器ヘルペス、片側の(半身の)神経に沿って発症する帯状疱疹が代表的で、特に帯状疱疹に関しては発症率は少ないものの激痛が伴うため非常に厄介です。治療するためにはヘルペス治療薬を使わねばなりません。症状が軽微なうちに使用する事で進行を抑えます。ヘルペスウイルスの増殖は3日間がピークと言われているのでその間に使用すればあまり辛い思いをしなくて済むので出来る限り早く手に入れて使う必要があります。

ヘルペスウイルスにより発症するヘルペスは全て「性病」と思っている方もいらっしゃいますが、必ずしもそうとは限りません。口唇ヘルペス、水ぼうそうは性病ではなく、大人だけでなく子供も感染します。ヘルペスウイルスは誰もが感染している一般的なウイルスであり、普段は感染していても症状が出ません。風邪や疲労で抵抗力が落ちていると発症します。ちなみに人間が発症するヘルペスの症状は8種類で、それぞれ原因になるウイルスが違います。それについては別ページに記載していますので興味がある方はこちらからご覧いただけます。

侮ってはいけないヘルペスの再発率

ヘルペス治療薬の購入方法

ヘルペス治療薬を入手するには医療機関へ行く必要があるため、近所の薬局などでは購入が出来ません。その理由は「処方箋医薬品」なので、医師から処方箋をもらわなければ使う事が出来ないのです。またヘルペス治療薬はウイルスの増殖を抑える効果で治療を行います。ウイルスを殺すという作用ではないので体内から殲滅させる事が出来ません。

そのため残ったヘルペスウイルスは神経節の奥深くに潜り込み活動を休止させます。そして抵抗力が弱った時に再び活動を始め症状を再発させるので、良く起きてしまう方はヘルペス治療薬を常備しておかなければなりません。しかし医療機関で処方してもらう際は、常備するのが中々難しいのが現状です。なぜなら発症したヘルペスの治療が行える分量(だいたい5日分)のみが処方され、再発した場合を考慮しはされないため。

もしも再発を考えて増やしてもらいたい場合、医療機関では保険適用外となるため高いお金を払わないといけません。また、診察に時間がかかる、交通費などが必要な場合があり、結果として費用がかさむといったデメリットも考慮する必要があります。

自宅にいながらヘルペス治療薬を購入出来る

自宅にいながらヘルペス治療薬を購入出来る

しかしそれ以外にもヘルペス治療薬を購入出来る方法があります。それは海外医薬品の通販です。近年は特に聞いたことがある方が増えたのではないでしょうか?この方法を利用する事で処方箋を持っていなくても購入する事が可能になります。わざわざ医療機関へ行く必要が無いので、かなり便利な方法と言えるでしょう。現在ヘルペスの治療にあたって主流であるバルトレックスを購入する場合、かかる費用は保険が適用された額とほとんど変わりません。

また海外製のジェネリックも販売されておりこちらを購入する事で、より一層費用を抑えることも可能です。元になっている薬(先発薬)より安価な値段なのですが、保険制度のある日本ではあまり馴染みがありません。そのためジェネリックは成分が変わっているのではないか?安価なので粗悪品なのではないか?といった誤解をする方もいますが心配しなくても大丈夫です。ジェネリックが安価な理由とは、開発費用や研究費用など莫大なコストがかかっていないため。それが値段を抑えて販売出来る理由です。

ジェネリックは当然ですが先発薬と同じ成分でなければなりません。そんなことがあれば違う薬となってしまいます。そのため上記のような事はありえないということを覚えておきましょう。また日本より海外の方がジェネリックの普及が進んでいるため、その種類が豊富なのです。ヘルペス治療薬も例外ではなく、色々な種類の製品が販売されています。

Site Map

ヘルペス治療薬

ヘルペスの情報

バルトレックス通販