1. トップページ
  2. ヘルペスを予防するには

ヘルペスを予防するには

性器ヘルペスは性行為などを行うことで感染する恐れがある感染症です。

しかし、性行為の相手が性器ヘルペスに感染している場合であっても、確実に感染するということではありません。

感染を防ぐための対処法を知っておけば防ぐことも出来るため、しっかりとした知識を持っておきましょう。

感染の理由は先程も述べた通り性行為がほとんどです。
空気感染をするということはありません。

どれだけ健康な状態が続いていたとしても皮膚などに出来てしまったとても小さい傷から感染することもあります。

自分がなっていると知らないでいるという危険性も非常に高くなっています。
海外では70%程度の人は「感染していると気が付いていない」とも言われています。

感染経路は性行為だけではありません。

口唇ヘルペスのウイルスがオーラルセックスを行うことで性器に感染したり、口唇ヘルペスを手で触れてから性器を触ることで性器ヘルペスに感染するケースも存在します。
それだけでなく、タオルやトイレの便座にウイルスが付着しており、そこから感染する場合もあります。

感染を予防するにはコンドーム等の避妊具の利用が効果的です。

ヘルペスに限らず避妊具の利用は様々な性病の予防に有効です。
しかし、ヘルペスに関しては、避妊具で覆われている場所以外にウイルスが存在していると感染する恐れがあります。
そのためしっかりと予防するには以下の事項が重要です。

・避妊具を必ず利用する
・オーラルセックスをできるだけしない
・症状が見られる人と性行為をしない
・性器を触ったら手を洗う
・色々な人との性行為はしない

この病気は症状が見られていない時はウイルスは少なくなっているので、水ぶくれが見られない時であれば、感染の可能性は低くなります。

同じ相手としか性行為を行わない場合は感染の確率は10%程度と言われおります。

性行為の相手に症状が確認できる場合は、トイレの後にはきちんと手を洗ってもらう、トイレの便座を毎回拭く、タオルを別々に分けて使う、などを行うことで予防することが可能です。

また口の周囲にできる口唇ヘルペスの感染者とのオーラルセックスは、性器ヘルペスに感染する恐れがあります。
そのためオーラルセックスを出来るだけしないようにするか、毎回口の中を消毒してもらうなどの工夫が必要です。

Site Map

ヘルペス治療薬

ヘルペスの情報

バルトレックス通販