1. トップページ
  2. ヘルペスの再発率

ヘルペスは一度発症すると再発の可能性がある感染症です。そのきっかけは体調不良(風邪)・過労・ストレスが知られています。

ヘルペスは再発しやすい感染症

悲しむ女性

ヘルペスは人が持っているウイルスで非常に身近な存在です。ほとんどの方が感染していると言われていますが、普段の日常生活を送る中で発症はしません。どういうきっかけで症状が現れるのかというと、抵抗力が弱っている時に発症します。風邪を引いたときなど体調不良による免疫低下や疲れが溜まっているときです。そして再発しやすい病気としても知られ、いかにそれを予防していくかが重要になってきます。

なぜヘルペスは再発するのか?という理由ですが、実はヘルペス治療薬ではウイルスを完全に殺すことが出来ません。あくまでもウイルスの増殖を防いでその症状を緩和していく作用しか持っていないのです。活動のピークを過ぎたヘルペスウイルスは、神経の奥深くへ潜り込み活動を停止させ数年あるいは数十年もじっとしています。

再発を防ぐためには体調管理に気を付け、ストレスもうまく発散させたりなど自身を労うことで行えます。ヘルペスに限らずどの病気にも言えますが、厄介な症状であるヘルペスは出来るだけ再発させたくありませんよね。ひどい人では月に1回というペースで症状が出てしまう人もいるので、「最近良く出るなあ」と思われる方は気を付けましょう。

特に性器ヘルペスに関しては再発もそうですし、感染もしやすいので、もしも発症した場合はバルトレックスなどのヘルペス治療薬でしっかりと治療を行いましょう。予防に関してはコンドーム等の避妊具の利用が効果的です。性器ヘルペスに限らず他の性病予防も出来るので必ず着用をして下さい。

ヘルペスはどのような症状?

考え事をする女性

ヘルペスウイルスに感染してしまうと、赤いぶくれが出来て次第に膨らんできます。それが固まって集まり、大きくなることも。出来始めはかゆみの方を感じますが3日目あたりから痛みのほうが強くなってきます。よく知られているのは単純ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹ではないでしょうか。単純ヘルペスとは単純疱疹とも呼ばれており、唇やその周りに水ぶくれが出来る口唇ヘルペスと、性器または性器周辺やお尻や太ももに水ぶくれが出来る性器ヘルペスが該当します。

そして水ぼうそうと帯状疱疹、実は同じ種類のヘルペスウイルスによって発症します。子供の頃に大体の方がなると思いますが実は大人でも発症をします。ただその場合は重症化しやすいのでいち早く治療を行わなければなりません。そして水ぼうそうと帯状疱疹は症状が違います。またどちらも一度発症したら再発はしないと言われていますが、極稀にあるそうです。

各疾患はそれぞれウイルスの種類が違う

ヘルペスウイルスは実に多くの種類があり、人間以外にも他の生物に感染し発症します。良く耳にしたことがあるのはコイヘルペスウイルスではないでしょうか?哺乳類だけではなく魚類にも被害を及ぼします。それはともかくとして、口唇ヘルペスと性器ヘルペスの原因は単純ヘルペスウイルスによるものですが、厳密に言えば型が違うウイルスです。ただ、それぞれの部位にも感染し発症する事もあります。

その他には水ぼうそうと帯状疱疹の原因となるヘルペスウイルスや、大きな病気の原因になるウイルスもあり、全部合わせると8種類のヘルペスウイルスが人間に感染し、色々な症状を起こしてしまうのです。せっかくの機会ですからウイルスの種類によりどんな症状が起きるのかをまとめてみました。

  • 単純ヘルペスウイルス1型
  • 口唇ヘルペスの原因となるウイルスです。ウイルスの付いた手で性器に触れた場合、性器ヘルペスとなり現れることもあります。
  • 単純ヘルペスウイルス2型(性器ヘルペス)
  • いわゆる性病(性感染症)に分類される症状で、非常に再発しやすいのが特徴。口唇ヘルペスを発症させてしまう事もあります。
  • 水痘帯状疱疹ウイルス
  • 子供の頃であれば多くの方が水ぼうそうとして。そして帯状疱疹は年配の方が良く発症されるとても痛いヘルペスの症状です。
  • エプスタインバーウイルス
  • 症状の多くはリンパ腫やがんを発症させるヘルペスウイルスです。
  • サイトメガロウイルス
  • 先天性感染であれば難聴や小頭症の原因に。後天性感染の場合は肝炎やリンパ腫などの原因となります。
  • ヒトヘルペスウイルス6型
  • 突発性発疹の原因となり、急激な高熱を起こします。合併症で脳炎を起こしてしまうことも。
  • ヒトヘルペスウイルス7型
  • ヒトヘルペスウイルス6型と同じく突発性発疹の原因になります。
  • ヒトヘルペスウイルス8型
  • エイズ患者が発症するカポジ肉腫の原因になります。

ヘルペスの再発を予防するためには?

OKサインを出す女性

先程例を挙げた中で身近なヘルペスとして知られているのは口唇ヘルペスと性器ヘルペス(単純ヘルペス)、帯状疱疹・水ぼうそうですね。その他の症状はあまり聞いたことが無いのではないでしょうか?どの種類のヘルペスが再発しやすいのかというと単純ヘルペスです。帯状疱疹・水ぼうそうは1回発症すると再発はしないと言われています(稀に2回発症する方もいる)。

治っていたと思っても身体の調子によっては再発します。良くあるケースとして、体調不良による免疫低下や過労が原因で再発するのです。ひどい人では月に1回症状が出てしまう人もいます。口唇ヘルペスは特に目立つ場所に出るわけですから困りますよね。性器ヘルペスであれば見た目にもあまり良いとは言えません。どちらが再発しても日常を送るにあたってとても面倒であると言えます。

ですので再発されやすい方はしっかりと予防対策を立てて、出来るだけそのリスクを減らす事が大切です。2、3つほど予防方法をお教えしますのでぜひ実践していただければと思います。

1.リジンの摂取

最近よく知られるようになったのでご覧になっている方で既に実践されている方がいるかもしれません。必須アミノ酸の1つであるリジン(L-リジンとも)を毎日摂ることによって再発を大きく減らせる事が分かっています。また発症中の方でもリジンを摂る事で症状を軽減出来るのでかなりおすすめの方法です。

必須アミノ酸は体内で合成出来ないため、食物から得なければなりません。タンパク質を多く含む食品から得られることができ、例えば牛肉や鶏肉、魚類、乳製品(特にチーズ)が良いでしょう。大豆やそばなどにも含まれているので野菜中心の生活をされている方でも摂る事は出来ます。ただやはり動物性タンパク質から得た方が効率は良いと思います。

そして1日の推奨摂取量は2100mgとのことですのでこれが毎日出来れば良いのですが、そういうわけにもいきません。そのためサプリで摂ることも視野に入れましょう。大体1錠が1000mgなのでこれを1日1錠。再発していると感じた場合は3錠(3000mg)を飲むと良いみたいです。

あとは亜鉛やビタミン類なども合わせて飲むとよりその再発リスクを抑える事が出来ますので今からでもすぐに行いましょう。ただサプリは海外製のほうが安価で成分量も多く、特にアメリカはサプリ先進国なのので多くのメーカーから販売されています。国内製は値段が高いですしアルギニンも一緒に配合されているものも多いため、あまりおすすめは出来ません。

アルギニンは高用量を摂取した場合だとヘルペスウイルスの増殖を抑えられるということが分かっていますが、中途半端な量であればヘルペスウイルスの栄養となり再発リスクが高くなる恐れがあります(その場合はリジンを多めに摂れば問題は無い)。そういう理由も含め、到着の日にちはかかってしまいますが海外製のサプリを購入してヘルペスを予防していきましょう。

リジンを通販で購入

2.免疫力を高め、紫外線にも気を付ける

再発の一番の原因はこれまでも何回か説明をした「免疫力の低下」です。特に近年は過労やストレスの蓄積が多くなりやすい傾向であり、その解消が出来る睡眠も十分取れていないという方が大勢いらっしゃいます。眠る前についスマートフォンを見てしまい逆に眠れなくなったりする事は珍しくありません。また食事バランスについてもつい疎かになってしまうことでしょう

先に紹介したリジンの摂取も食物から得るのが一番望ましいのですが、そういう機会も失われてしまっているわけなのでやはりその再発リスクは高まってしまいます。一度に全部を改善していくのは難しいですから、出来ていない事は少しずつ直していくようにすればいずれはそれが習慣となりますので実践をしていきましょう。

また紫外線(直射日光)もヘルペスの再発リスクを高める事が指摘されています。特に日差しが強い時はなぜか疲れているときがありますよね?それは紫外線が与えるダメージという話です。またヘルペスを発症している際は重症化する可能性があるので、いずれにしろ紫外線対策をする必要があります。日焼け止めクリームをこまめに塗る、日傘や帽子や長袖で直射日光があたる箇所を少なくするなどいくつかの方法があるのでこれらを確実に行ってヘルペスの再発を予防していきましょう。

3.ヘルペス治療薬を1年間継続的に飲む

バルトレックス

なんらかのヘルペスが発症した場合、バルトレックスやゾビラックスなどを使って治療を行います。なるべく早い段階で手を打つとヘルペスウイルスの増殖が抑えられ、軽い症状で済むので特に再発されやすい方ほど意識して行っているのではないでしょうか?しかしそれは一時的な措置にしかすぎず、ヘルペスの予防に繋がっているかと言われればそうではありません。あくまでもその時起きた症状の治療でしかないのです。

しかしヘルペス治療薬(バルトレックス)は毎日続けて飲むことでヘルペスの予防が出来ます。適応症状は性器ヘルペスに限られてしまいますがバルトレックス(500mg)を毎日1錠飲み続けることによって非常に高い割合で再発の予防が出来るようなのです。これは2006年に承認された方法なので年数はそれなりに経ちますが意外にご存知で無い方もいらっしゃるはず。

ただバルトレックスは薬の中では高額の部類です。保険適用をしてもそれなりの値段なのでこれを1年続けるのはちょっと負担になるでしょう。そういう時は海外医薬品の通販サイトを利用すれば費用の削減が可能です。バルトレックス1000mgも販売されているので、半分にして使うことでコストカットが出来ますし、そもそもの値段も医療機関に比べて割安です。

またバルトレックスのジェネリックも販売されており、通販で購入出来るバルトレックスよりもさらに安いのでよりお得にヘルペスの再発予防が出来るのでおすすめです。やはり経済的な負担が多いとやる気を削いでしまうので、こういった方法を知っていればやってみるようかという気も起きるはず。

通販を利用すれば医療機関へ行く時間や費用(薬代の他、医療費や交通費なども含め)を考慮する必要が無いのも嬉しい点です。ただすぐに実行出来ない点が唯一のデメリット。海外から直接発送されるので10日ほど日数がかかってしまいます。そのため出来るだけ早くに注文して臨みましょう。

バルトレックスのジェネリックで再発予防

Site Map

ヘルペス治療薬

ヘルペスの情報

バルトレックス通販